話題の人気商品・サービス等の比較・選び方・おすすめランキングをご紹介します。

Trend Web

自動車

ドライブレコーダーメーカー一覧~おすすめのドラレコメーカーは?

更新日:

ドライブレコーダーは複数のメーカーが複数の機種を販売しています。
ドライブレコーダーメーカーシェアは国産メーカー3社(コムテック・ユピテル・ケンウッド)で全体の7割を占めます。残り3割の大半は中国製ドライブレコーダーを扱うメーカーです。

おすすめのドラレコメーカーは?

sponsorlink

ドライブレコーダー売上のメーカーシェア

ドライブレコーダー

ドライブレコーダーとは、運転中の映像・音声などを記録する車載装置(車載カメラ)のこと。
ドライブレコーダーは略して「ドラレコ」とも呼ばれます。
[関連記事]ドライブレコーダーとは?役割・種類[ドラレコを選ぶ時に抑えたい性能・機能]

ドライブレコーダー売上のメーカーシェアは以下になります。

コムテック29.2%
ユピテル23.9%
ケンウッド15.9%

3社で約7割を占めます。
いずれも国産メーカーです。

但し、シェア率は毎年変わります。
この3つのメーカーが1位から3位までで変動します。
3メーカーが3強であることには変わりありません。

残りの3割の大半は中国メーカーです。
一部、国産メーカーもあります。

各ドライブレコーダーメーカーの特徴等をご紹介します。

国産ドライブレコーダーメーカー「コムテック」

「コムテック」は、ドライブレコーダー以外にも、GPSレーダー探知機やポータブルナビなどの自動車関連機器を販売しています。

「コムテック」のドライブレコーダーは、「HDR」から始まる型番の高性能なハイエンドモデルと、「ZDR」から始まるお手頃なスタンダードモデルがあります。

GPSレーダー探知機と連携したドライブレコーダーも販売しています。

最新型であるほど、視野や解像度が洗練され、LED信号機対応などの機能が充実しているので、手に入れるなら旧モデルよりも最新モデルがおすすめです。
※「コムテック」のドライブレコーダーの人気機種比較は⇒ドライブレコーダー「コムテック」人気商品比較[価格・スペック・口コミ]

国産ドライブレコーダーメーカー「ユピテル」

「ユピテル」は40年以上の実績のあるカー用品メーカーです。

2017年にはドライブレコーダーのシェアはNo1でした。

国産ドライブレコーダーメーカー「コムテック」より歴史が長く、商品の高い品質・性能から、民間用以外にも警察や消防、官公署からの信頼度が高く、ユピテルのドライブレコーダーが多く採用されています。

水平360°+垂直360°の全方位映像が記録できる全天球ドライブレコーダーも発売されており、その技術力は評価できます。
※「ユピテルク」のドライブレコーダーの人気機種比較は⇒ドライブレコーダー「ユピテル」人気商品比較[価格・スペック・口コミ]

国産ドライブレコーダーメーカー「ケンウッド」

ケンウッド(KENWOOD)というのは株式会社ケンウッドのブランド名です。

株式会社ケンウッドは、かつて家庭用オーディオ機器、およびカーマルチメディア機器(カーオーディオ・カーナビゲーションなど)、無線通信機器(アマチュア無線、業務無線など)などを製造・販売していたメーカーです。

日本ビクターとの合併以降、KENWOODは株式会社JVCケンウッドの商品ブランドとして引き続き使われています。

「ケンウッド」という時は、メーカー名であり、ブレンド名でもあるということですね。

ビデオカメラやオーディオ技術のノウハウを磨いてきたメーカーなので、映像・音声が強みです。

※「ケンウッド」のドライブレコーダーの人気機種比較は⇒ドライブレコーダー「ケンウッド」人気商品比較[価格・スペック・口コミ]

中国ドライブレコーダーメーカー

ドライブレコーダーの国内売上の3割の大半は中国のメーカーです。

中国産の製品にも良いものもありますが、そうでないものもあります。

・サポートがあっても中国人で要領を得ない
※そもそも、連絡先の記載がないものもあります。
・不良品が出た場合、交換の製品を中国から取り寄せるので時間がかかる。
・製品説明に虚偽がある(保証期間を謳いながら、返品・交換をする気がない等)
・Amazonのカスタマーレビューの評価(星の数)が操作されているものが多い。
※不良が出たら返金して悪い評価を削除してもらう、おまけをつけて評価を星5つにあげてもらう、等、実情を反映しない以上に高い評価の場合が多い。

中国製のドライブレコーダーを購入する場合、これらのリスクがあることを念頭において検討しましょう。

※安いドライブレコーダーの人気機種(商品)比較は別記事参照

ドライブレコーダーの人気ランキングのメーカー割合

Amazon、楽天、価格.comのドライブレコーダーの人気ランキング上位20位にランクインしている、コムテック、ユピテル、JVCケンウッド、その他国産・中国メーカーの件数割合は以下です。
※ランキングは日々変動します。(調査:2018年12月中旬)

メーカー名Amazon楽天価格.com合計
コムテック45615
ユピテル2114
ケンウッド33713
パイオニア0033
その他1111325
合計20202060

※数字は各人気ランキングで20位以内にランクインした件数(同じ機種が複数ある場合も「1」とカウントしています。)

コムテックとケンウッドが僅差です。
同じ機種が違う人気ランキングでも上位に入っていることが大きいです。
※メーカー別人気商品の比較情報は別記事参照

おすすめのドライブレコーダーメーカーは?

一般的に中国製より国産メーカーのドライブレコーダーの方が安心というイメージがあります。

しかしながら、Amazon、楽天、価格.comのドライブレコーダーの人気ランキング上位20位にランクインしている機種(商品)の口コミをチェックしたところ、そうでもありません。

国産メーカーのドライブレコーダーの購入者の"不良品"、"不具合"、"カスタマーセンターの電話がつながらない"、"対応が悪い"、等の不満も書かれています。

"不良品"、"不具合"は必ず起こるものではありませんが、一定の割合で起こる可能性はあります。

しかし、そういった時に"カスタマーセンターの電話がつながらない"、"対応が悪い"となると、「二度とこのメーカーは使わない」ということにもなりかねません。
※現実にそういった口コミもあります。

ただ、購入者の多い商品はそれだけ、情報も多いので、何かトラブルがあった時に対処できる可能性があります。

Amazon、楽天、価格.comなどの人気ランキング上位のドライブレコーダーから選ぶのが無難かもしれません。

但し、目的によって選ぶドライブレコーダーは違うので、単純に「人気ランキングの上位だから」と選ぶと後悔することになります。
※ドライブレコーダーの選び方、国産メーカー別人気商品の比較情報は別記事参照

-自動車
-, , ,

Copyright© Trend Web , 2019 All Rights Reserved.