自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」で、自動車保険の一括見積もりを申込みました。
自動車保険一括見積もりサイトは複数ありますが、サイトによって内容は異なります。
「保険スクエアbang!」の場合、自動車保険の一括見積もりの申込をして、見積もり結果の保険会社と契約すると、プレゼントが貰えるキャンペーンを実施中です。
「保険スクエアbang!」で自動車保険一括見積もりを実際に行った口コミなどを公開します。

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」とは?

「保険スクエアbang!」は株式会社ウェブクルーが運営する通販型(ネット)自動車保険一括見積もりサイトです。

利用者数400万人突破!
最大16社に見積もり依頼できます。

保険スクエアbang!自動車一括見積もり
保険スクエアbang!自動車保険一括見積もり

最大見積もり社数 16社
参加保険会社 アクサダイレクト・イーデザイン損害保険・セコム損害保険・ソニー損害保険・チューリッヒ保険会社・三井ダイレクト損害保険・SBI損害保険・セゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)・あいおいニッセイ同和損害保険・楽天損保・その他
入力時間 最短3分
キャンペーン 「保険スクエアbang!」で自動車保険一括見積もりを申込後、見積もり結果の保険会社と契約すると、保険会社からプレゼントが貰える。

「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり結果

公式サイトには「最大16社に自動車保険一括見積もりが可」とありましたが、実際は5社のみでした。
※何故か、現在契約中のSBI損保の見積もりはありません。

お見積もりを依頼した保険会社

チューリッヒ保険会社、アクサダイレクト、セゾン自動車火災保険、三井ダイレクト損保、東京海上日動

結果はその場ですぐ見れるのではなく、「保険スクエアbang!」から届いたメールにある「見積もり結果一覧」のリンクをクリックしてアクセスすると見れます。

「お見積もりのご案内が可能な保険会社」と「見積もりがご案内できなかった保険会社」が列記されています。

お見積もりのご案内が可能な保険会社

チューリッヒ保険会社、アクサダイレクト、セゾン自動車火災保険、三井ダイレクト損保

見積もりがご案内できなかった保険会社

楽天損害保険、SBI損保、ソニー損保、イーデザイン損保

結局、見積もりが取れたのは4社のみでした。

年間保険料比較

①チューリッヒ保険会社:25,310円
②アクサダイレクト:28,590円
③おとなの自動車保険:29,800円
④三井ダイレクト損保:27,300円

 

見積もり結果だけを見ると、チューリッヒ保険会社が一番保険料が安いですが、自動車保険一括見積もりの場合、入力内容が正確に反映されているとは限りません。
これは、他の自動車保険一括見積もりサイトの見積もりでも同じです。
【関連記事】
「インズウェブ自動車保険」一括見積もりの口コミ【デメリット・メリット】

自動車保険の見積もりの修正・再計算

「保険スクエアbang!」以外にも見積もりが出た保険会社から個別にメールが届いています。
各サイトにアクセスると、自動車保険の見積もり内容が見れて、修正も可能です。

「インズウェブ自動車保険」で自動車保険一括見積もりを申込んだ時も保険会社毎に個別に保険条件の修正・再計算を行いました。

今回は、保険条件をさらに変えてみました。

保険条件の変更

●運転者の範囲⇒本人・配偶者限定(30歳以上)
●人身傷害の保証範囲⇒車内のみ補償
●ロードサービス⇒なし
●対物全損時修理差額費用補償特約⇒なし
●個人賠償責任補償特約⇒なし

※何故、保険条件を変更したかについては別記事参照

結果、年間保険料の見積もりは以下になりました。

修正・再建最後の年間保険料の見積もり

①チューリッヒ保険会社:25,310円⇒14,030円
②アクサダイレクト:28,590円⇒19,730円
③おとなの自動車保険:29,800円⇒20,550円
④三井ダイレクト損保:27,300円⇒16,810円
⑤SBI損保の自動車保険:⇒17,420円

※SBI損保の自動車保険は「保険スクエアbang!」の見積もり結果にない保険会社ですが、現在契約している保険会社なので比較の為、保険条件を合わせて再計算してあります。

おとなの自動車保険 アクサダイレクト 三井ダイレクト損保 チューリッヒ自動車保険 SBI損保
年間保険料 20,550円 19,730円 16,810円 14,030円 17,420円
ロードサービス 有料 無料 無料 有料 無料
その他 ALSOK事故現場安心サポート無料 優待対象施設の割引

私の保険条件では、自動車保険料が一番安いのはチューリッヒ自動車保険になりました。
何故、チューリッヒ自動車保険は保険料が一番安いのでしょうか?

チューリッヒ自動車保険の保険料が安い理由

チューリッヒ保険会社の場合、付属しているサービス(特約)が少ないです。
ロードサービスは有料です。

別の保険条件で再計算した時もチューリッヒ保険会社が一番安くなりました。⇒「インズウェブ自動車保険」一括見積もりの口コミ【デメリット・メリット】

元々、付属(無料)のサービス(特約)が少ないので、自動車保険の補償内容を少なくすると安くなるのがチューリッヒ保険会社の自動車保険と言えます。

逆に一番高かったのがセゾン自動車火災保険(おとなの自動車保険)。
別の保険条件では、他社と大して変わらない保険料でしたが、何故、今回の条件では高くなったのでしょうか?

「おとなの自動車保険」の保険料が高い理由

「おとなの自動車保険」はチューリッヒ自動車保険と同様、ロードサービスは有料です。

但し、「ALSOK事故現場安心サポート」が無料で付属しています。
「ALSOK事故現場安心サポート」は、「”もしも”の事故の時、ALSOK隊員が駆け付け、あなたに寄り添い、事故対応をサポート」してくれます。

「セコム事故現場急行サービス」が付いているイーデザイン損保も他の保険会社に比べると、保険料が高いです。

これが理由の1つかもしれません。

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」のキャンペーン特典

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」では、一括見積もり後に保険会社と契約すると、保険会社独自のプレゼントが貰えるキャンペーンが実施中です。
※同じく自動車保険一括見積もりサイトの「インズウェブ自動車保険」にはこういった特典はありません。

キャンペーン内容は「保険スクエアbang!」で自動車保険の一括見積もり後、届いたメールにある「見積もり結果一覧」のリンクをクリックしてアクセスすると見れます。

保険スクエアbang!自動車保険キャンペーン
※キャンペーン内容は時期によって異なる場合があります。
最新情報及び参加方法は「保険スクエアbang!」で自動車保険の一括見積もりに申込、「見積もり結果一覧」からご確認下さい。
保険スクエアbang!自動車保険一括見積もり

チューリッヒ保険会社

ハーゲンダッツのアイスクリームミニカップ3種いずれか1つバウ3個プレゼント!

アクサダイレクト

「ご成約者全員にプレゼント!」とありますが、内容は不明です。

セゾン自動車火災保険

1,500円相当のグルメギフトカードをプレゼント!

三井ダイレクト損保

キャンペーンなし

今回の見積もり結果にはありませんが、SBI損保とイーデザイン損保でもキャンペーンを実施中のようです。

尚、いずれのプレゼントキャンペーンも”新規契約”が条件になります。
保険スクエアbang!自動車保険一括見積もり