格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)への乗り換え(MNP)する場合、事前に確認すべきことと準備が必要です。
その上で、乗り換え(MNP)となります。
格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)への乗り換え手順、適したタイミング、乗り換えに必要な費用などについて分かりやすく徹底解説します。

格安スマホへ乗り換える前の確認と準備

格安スマホへ乗り換える前にやるべき確認と準備があります。

●現在使っているスマホの更新時期の確認
●スマホの動作確認
●データ移行準備

現在使っているスマホの更新月の確認

通常、2年契約の場合、更新月以外にスマホを解約すると、解約手数料(契約解除料/違約金)が発生します。
スマホの乗り換えは更新時期に行うと0円で済みます。

スマホの動作確認

乗り換え後のスマホの種類によって確認事項が異なります。

●キャリアで使っていたスマホを引き続き使う
●SIMフリースマホを新規あるいは引き続き使う
●格安スマホ業者で新たにスマホを購入して使う

キャリアで使っていたスマホを引き続き使う

キャリアで使っていたスマホを引き続き使う場合、まず、SIMロックを解除をする必要があります。

次にキャリアで使っていたスマホは同じキャリアの回線しか使えません。
乗り換えを予定している格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)でその回線が使えるのかを確認する必要があります。

また、動作確認端末を確認する必要があります。

●SIMロック解除
●同じキャリアの回線しか使えない⇒その回線は対象かを確認
●そのスマホが動作確認端末かを確認

SIMフリースマホを新規あるいは引き続き使う

SIMフリースマホの場合、キャリアのSIMロック解除は必要ありません。

但し、乗り換えを予定している格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)でそのスマホが使える回線の確認が必要です。

また、そのスマホが動作確認端末かも確認する必要があります。

●同じキャリアの回線しか使えない⇒その回線は対象かを確認
●そのスマホが動作確認端末かを確認

格安スマホ業者で新たにスマホを購入して使う

格安スマホ業者でスマホとSIMをセットで契約する場合、特に確認する事はありません。

データ移行準備

現在、使っているスマホにある写真、動画等のデータ、住所録、LINEアカウント等の引継ぎには事前準備が必要です。
※これに関しては別記事をご参照ください。

格安スマホへ乗り換え手順

MNP(他社からの乗り換え)とは、今使っている電話番号をそのまま引き続き使うケースです。
※電話番号を新たに取得する場合は「新規」となります。

●MNP予約番号を取得
●格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)に申込
●SIMカードが届いたら、スマートフォンに挿し、MNP手続き&設定

格安スマホへ乗り換えタイミング

格安スマホへの乗り換えは、現在契約している業者の更新月に行うと、解約手数料(違約金)が0で済みます。

では、更新月ならいつでも良いのか?
乗り換えに適したタイミングはあるのでしょうか?

解約月の料金は日割り?

結論から言うと、解約月の料金は日割りになりません。
1日であろうが月末であろうが1ヶ月丸々請求されます。

※尚、Y!mobileの場合、月の初日(一日)に解約しても請求は前月までの分です。

乗り換えの初月の料金は日割り?

対して、乗り換え先の格安スマホ業者の場合、初月(契約月)の基本料金は日割り計算が多いです。
※但し、オプション料金は初月から満額請求です。

格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)によっては初月無料の場合があります。

使いきれなかったデータ容量は繰越できる?

契約したデータ容量(データ通信量)が使いきれなかった場合、翌月に繰り越しが出来る格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)と繰り越し出来ない格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)があります。

但し、繰り越しできた場合も有効期限や容量に制限を設定している場合があるので注意が必要です。
有効期限は翌月末、繰り越し出来る最大容量は契約しているSIM容量になります。

また、初月料金が日割り計算の場合は繰り越しは不可です。
即ち、2ヵ月目以降は繰り越し可ということです。

初月基本料金計算方法とデータ繰越比較一覧表

格安スマホ 初月料金 データ繰越 有効期限
UQモバイル 日割り 翌月末
Y!mobile 日割り ×
BIGLOBEモバイル 無料 翌月末
mineo(マイネオ) 日割り 翌月末
LINEモバイル 日割り 翌月末
OCNモバイルONE 無料 翌月末
IIJmio(みおふぉん) 日割り 翌月末
イオンモバイル 日割り 翌月末

初月基本料金が無料の格安スマホ・格安SIM業者

初月基本料金が無料の格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)は、BIGLOBEモバイルOCNモバイルONEです。

初月に使いきれなかったデータ容量(データ通信量)は翌月に繰り越しできるのでお得です。

乗り換えのベストタイミングは?

従って、解約日は月末近くがベストです。
但し、月末ギリギリだと手続きに時間がかかって翌月になる可能性もあります。

また、25日以降は解約が出来ない業者もありますので、15日~20日頃に格安スマホ業者に乗り換えの申込を行うのがベストタイミングと考えられます。

格安スマホへ乗り換え費用

格安スマホへ乗り換えに必要な費用は以下の3種類です。

●解約手数料(違約金)
●転出費用
●初期費用

解約手数料(違約金)

2年契約の場合、更新月以外に解約すると解約手数料(契約解除料/違約金/解約金/解約違約金)が発生します。

解約手数料(違約金)の金額は上限9,500円(税別)でしたが、2019年10月1日以降に新たな契約プラン(端末購入サポート がない分離プラン)から上限1,000円に変更になりました。

転出費用

他社への乗り換え(MNP)の場合、転出費用が3,000円(税別)かかります。

初期費用

新規・乗り換えに関わらず下記の初期費用がかかります。

●契約事務手数料(登録料)
●SIMカード発行料(登録料)

契約事務手数料(登録料)

契約事務手数料(登録料)は通常3,000円です。
初月のみかかります。
格安スマホ・格安SIM業者(MNVO)では、契約事務手数料(登録料)無料キャンペーンンを実施する場合があります。

初期費用比較一覧表

契約初月には契約事務手数料(登録料)以外にSIMカード発行料(登録料)がかかります。
※いずれも税別です。

格安スマホ 事務手数料 SIMカード発行料 合計初期費用
UQモバイル 3,000円 300円 3,300円
Y!mobile 3,000円 0円 3,000円
BIGLOBEモバイル 3,000円 394円 3,394円
mineo(マイネオ) 3,000円 400円 3,400円
LINEモバイル 3,000円 400円 3,400円
OCNモバイルONE 3,000円 394円 3,394円
IIJmio(みおふぉん) 3,000円 394円* 3,394円*
イオンモバイル 3,000円 0円 3,000円

*:D(ドコモ)タイプの料金、A(au)タイプは406円

初期費用キャンペーン

格安スマホ・格安SIM業者(MNVO)の中には、初期費用が無料及び割引になるキャンペーンを実施ている場合があります。

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルでは、2020年9月1日~2020年11月3日に音声通話SIMプランにお申し込みの方に限り、プラン申込手数料を3,000円値引きとSIMカード準備料を394円値引きで初期費用を無料とするキャンペーンを実施中です。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmio(みおふぉん)では、月間データ通信量が1GB~の従量制プランのみ、事務手数料3,000円を1円に割引中!
※SIMカード発行手数料はかかります。

格安スマホ・格安SIM業者(MNVO)は期間限定で様々なキャンペーンを実施しています。

最新情報は各公式サイトでご確認をお願いします。

音声通話SIM+10分かけ放題プラン料金比較一覧表

格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)の代表的なプランである音声通話プラン(通話+SMS+データ通信3GB)+10分かけ放題(オプション)の料金比較一覧表です。 ※料金は月額(税別)
Y!mobileのプランには10分かけ放題料金があらかじめ含まれています。

格安スマホ 音声通話 10分かけ放題(*1) 合計金額 公式サイト
UQモバイル
1,980円 700円(20円) 2,680円 UQモバイル
Y!mobile(ワイモバイル)
2,680円 -(20円) 2,680円 Y!mobile
BIGLOBEモバイル
【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中 1,600円 830円(9円) 2,430円 BIGLOBEモバイル
mineo(マイネオ)
mineo(マイネオ) 1,510円*7 850円(10円) 2,360円 mineo
LINEモバイル
LINEモバイル 1,480円 880円(10円) 2,360円

OCNモバイルONE
OCNモバイルONE 1,480円 850円(10円) 2,330円 OCNモバイルONE
IIJmio(みおふぉん)
IIJmio(みおふぉん) 1,600円 830円*5(10円) 2,430円 IIJmio
イオンモバイル
イオンモバイル 1,580円*8 850円(10円) 2,430円 イオンモバイル
楽天モバイル
2,980円*9 -(0円) 2,980円 楽天モバイル
*1超過時の国内通話料金(30秒当たり)、UQモバイルとY!mobile以外は専用アプリからの発信時です。専用アプリ以外の場合30秒当たり20円。 *5:家族とは60分以内かけ放題 *7:A(au)プランの料金です。D(docomo)プラン、s(softbank)プランはさらに高くなります。 *8:イオンモバイルには3GBプランがない為、4GBプランの料金を表示しています。 *9:1年間無料(先着300万名)