格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)では、様々な音声通話プランが用意されている。
通話料金を安くするには、自分にあった音声通話プランを選ぶことだ。
格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)の音声通話プランは「通話かけ放題」といいながら、実際のところは「10分以内」等の時間の制約がある。
「10分通話かけ放題」の場合、10分を超過すると、通常30秒20円の通話料金がかかる。
しかし、専用アプリを使うことで、通話料金が半額になる場合もある。
殆ど通話する機会がない場合、通話オプションに加入しないで実費支払をした方が安く済む場合も・・・。

格安スマホ・格安SIMの音声通話SIMプランは必要?

格安スマホ・格安SIMの料金プランは以下の3種類。

①音声通話SIMプラン(音声通話+SMSデータ通信)
②SMS付データSIMプラン
③データ専用SIMプラン

料金は①>②>③の順に安い。

音声通話プランとは?

格安スマホ・格安SIMで電話をかける・電話を受けるには基本的に「音声通話通話プラン」に加入する必要がある。

但し、Y!mobileを除き、通話料金は別(オプション)のケースが殆ど。

格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)では様々な音声通話プランが用意されている。
一番多いのが、「10分かけ放題プラン」だ。
国内10分以内なら何度でもかけ放題。
※但し、Y!mobileの場合、月300回までの制限あり。

【関連記事】
格安スマホ・格安SIM[電話かけ放題・通話料定額プラン]8社徹底比較~最安値は?

音声通話プランに加入しなくても電話は掛けられる?

『格安スマホ・格安SIMで電話をかける・電話を受けるには基本的に「音声通話通話プラン」に加入する必要がある。』と前述した。

しかし、実際には音声通話プランに加入しなくても電話をかける・電話を受けることは可能だ。

LINE無料電話

LINE同士であれば無料通話が出来る。
但し、LINEに登録するにはSMSで本人認証が必要なので、SMS付データSIMプランを契約する必要がある。

また、当然ながら、データ通信量がかかる。

通話アプリの利用

「050Plus」のようなIP電話を利用する事で、通話が可能だ。
但し、同じIP電話同士は通話が無料だが、月間基本料金300円がかかる。

音声通話プランに加入しない場合のデメリット

音声通話プランに加入しない場合、IP電話を利用する事になる。
インターネット回線を利用するので、電波が弱いと通話ができない。
また、品質は一般的な「電話」に比べ劣ると言われている。

さらに、音声通話プランとの決定的な違いがある。
それは、119番、110番、一部の0120・0570・0990などの特殊な番号へ発信できないということ。

「電話は殆どかけない」「普段の通話はLINEの無料電話」と言う方であっても、上記のことを考慮すると、音声通話プランに加入するのが無難だ。

格安スマホ・格安SIM業者の通話料金

通話料金を安く押えるには自分に合った通話プランを選ぶことだ。
下記は主な格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)の通話プラン(オプション)の比較表だ。

Y!mobileはスマホプランに「10分以内かけ放題」の料金が含まれてる。

通話かけ放題月額プラン比較一覧表

通話プランUQモバイルY!mobileBIGLOBEモバイルmineoLINEモバイルOCNモバイルIIJmioイオンモバイル
無制限かけ放題1,700円+1,000円×××××+1,500円*8
10分かけ放題700円*2830円850円880円850円830円*5850円
3分かけ放題××600円×××600円*6×
通話90分パック××830円×××××
通話60分パック500円×600円1,680円××××
通話30分パック××××××××
超過時通話料金*120円20円9円*310円*310円*310円*310円*310円*3
その他*4

*1:30秒ごとの国内通話料金
*2:Y!mobileの通話料金はスマホプランに含まれる
*3:専用アプリ利用時の通話料金
*4:トップ3かけ放題:850円/かけ放題ダブル:1,300円
*5:家族とは60分以内かけ放題
*5:家族とは10分以内かけ放題
*8音声通話プラン以外に050かけ放題(オプション)に加入が必要

60歳以上のお得な割引プラン

前述の料金プラン以外に一部の格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)では、60歳以上の方対象にお得なプランを設定している。

Y!mobileの場合、条件を満たせば、「60歳以上は国内通話がず~ッと0円(無料)」。
【関連記事】
60歳以上にお得なスマホ比較【割引・通話料無料】料金が安いおすすめは?

通話オプションに加入しない選択

1分間の通話料金

一般的に、格安スマホ・格安SIMの通話料金は30秒20円。
1分だと40円だ。

通話60分パックの損得勘定

例えば、BIGLOBEモバイルの通話60分パックの料金は600円。
通常なら60分×40円=2,400円なので、600円で2,400円分の通話が出来る計算になる。
格安である。
※但し、実際は専用アプリ「BIGLOBEでんわ」からの発信なので1,200円分通話できる

しかし、逆に考えてみる。
1分40円の場合、600円で15分かけられる。
即ち、月間15分未満の通話なら、通話オプションに加入しない方が安く済む。

さらに、BIGLOBEモバイルの場合、専用アプリ「BIGLOBEでんわ」からの発信だと、1分18円(30秒9円)。
月間15分通話したとすると270円で済む計算になる。

600円で通話できる時間は600円÷18=33分となり、33分未満であれば、通話オプションに加入しないで、使った分だけ支払った方が料金は安く済む。

専用アプリの通話料金

UQモバイルY!mobileを除く格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)は専用アプリを使うことで通話料金が安くなる。
※下記は30秒ごとの通話料金、()内は1分ごとの通話料金

格安スマホ・格安SIM通話料金
UQモバイル20円(40円)
Y!mobile20円(40円)
BIGLOBEモバイル9円(18円)
mineo(マイネオ)10円(20円)
LINEモバイル10円(20円)
OCNモバイルONE10円(20円)
IIJmio(みおふぉん)10円(20円)
イオンモバイル10円(20円)

上記の7社の内ではBIGLOBEモバイルが他より安い。
UQモバイルY!mobileは安くない。
残りの格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)は横並び。

音声通話SIM+10分かけ放題プラン料金比較一覧表

格安スマホ・格安SIM業者(MVNO)の代表的なプランである音声通話プラン(通話+SMS+データ通信3GB)+10分かけ放題(オプション)の料金比較一覧表です。 ※料金は月額(税別)
Y!mobileのプランには10分かけ放題料金があらかじめ含まれています。

格安スマホ音声通話10分かけ放題(*1)合計金額公式サイト
UQモバイル
1,980円700円(20円)2,680円UQモバイル
Y!mobile(ワイモバイル)
2,680円-(20円)2,680円Y!mobile
BIGLOBEモバイル
【BIGLOBEモバイル】お得な特典実施中1,600円830円(9円)2,430円BIGLOBEモバイル
mineo(マイネオ)
mineo(マイネオ)1,510円*7850円(10円)2,360円mineo
LINEモバイル
LINEモバイル1,480円880円(10円)2,360円LINEモバイル
OCNモバイルONE
OCNモバイルONE1,480円850円(10円)2,330円OCNモバイルONE
IIJmio(みおふぉん)
IIJmio(みおふぉん) 1,600円830円*5(10円)2,430円IIJmio
イオンモバイル
イオンモバイル1,580円*8850円(10円)2,430円イオンモバイル
楽天モバイル
2,980円*9-(0円)2,980円楽天モバイル
*1超過時の国内通話料金(30秒当たり)、UQモバイルとY!mobile以外は専用アプリからの発信時です。専用アプリ以外の場合30秒当たり20円。 *5:家族とは60分以内かけ放題 *7:A(au)プランの料金です。D(docomo)プラン、s(softbank)プランはさらに高くなります。 *8:イオンモバイルには3GBプランがない為、4GBプランの料金を表示しています。 *9:1年間無料(先着300万名)