顔の産毛・口周りやあごのヒゲ・濃いスネ毛等でお悩みの女性や子供が増えているようです。
女性や子供の口周り・あごのヒゲ・濃いスネ毛等の原因は何でしょうか?
女性や子供の顔の産毛・口周りやあごのヒゲ・スネ毛等のムダ毛の処理方法、薄くする方法には何があるのでしょうか?
女性や子供の顔の産毛・口周りやあごのヒゲ・スネ毛等のムダ毛の原因と処理方法、薄くする方法を徹底解説します。

女性・子供の口周りやあごのヒゲ・濃いスネ毛の原因

口周り(特に鼻の下)やあごのヒゲと言えば、男性というイメージですが、最近では、口周りやあごのヒゲや濃いスネ毛が目立つ女性や子供が増えています。

ムダ毛剃り

元々、顔には産毛が生えています。
では、口周りやあごの産毛が「伸びる、濃くなる(太くなる)」のは何故でしょうか?

口周りやあごの産毛が「伸びる、濃くなる(太くなる)」主な原因は?

口周りやあごの産毛が「伸びる、濃くなる(太くなる)」主な原因は、主な原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。

口周り(特に鼻の下)やあごのヒゲは男性ホルモンが関与しています。
女性は通常、女性ホルモンが優位なので、口周り(特に鼻の下)やあごの産毛が濃くなることはありません。

しかし、「ホルモンバランスの乱れ」で、男性ホルモンが優位になると、ヒゲ化するのです。

「ホルモンバランスの乱れ」の原因は?

この、「ホルモンバランスの乱れ」は以下の原因で起こると考えられます。

●ストレス
●不摂生な食生活
●睡眠不足
●冷え
●加齢

※女性の口周りやあごのヒゲについて詳しくは下記の記事をご参照ください。

女性でヒゲが濃い原因とヒゲ対策[処理・脱毛・薄くする方法]を徹底解説

女性・子供の顔の産毛・口周り(あご)のヒゲを薄くする方法・対策

女性・子供の顔の産毛・口周り(あご)のヒゲを薄くするには、「ホルモンバランスの乱れ」により、男性ホルモンが優位に立たないよう、生活を改める必要があります。

それと同時にやっておくべきおすすめの対策が「産毛・ヒゲの処理+抑毛クリーム」です。

但し、やってはいけない顔の産毛・口周り(あご)のヒゲの処理方法があります。

[sc name=”ad_ds” ]

やってはいけない顔の産毛・口周り(あご)のヒゲの処理方法

女性・子供の顔の産毛・口周りやあごのヒゲ処理でやってはいけない方法は以下の3点です。

●毛抜きで抜く
●カミソリで剃る
●除毛クリームで処理

毛抜きで抜く

毛抜きで抜くのは基本的に長いムダ毛に限られます。
産毛は対象外です。

口周り・あごのヒゲを1本ずつ毛抜きするのは、「痛い」です。

それ以外に「毛抜きで抜く」と以下のデメリットがあります。

・ムダ毛を引っ張って根元から引っこ抜く為、毛穴の奥や周囲の皮膚にダメージを与える。
ブツブツと毛穴が目立つ。

カミソリで剃る

カミソリで顔の産毛や口周り・あごのヒゲを剃ると以下のデメリットがあります。

肌にダメージを与える。
・カミソリなどで剃ると顔の皮膚は特に薄いので、傷がつきやすくお肌の水分が出ていきやすくなり、かゆみや乾燥、肌荒れの原因になる。

除毛クリームで処理

除毛クリームでムダ毛を処理(除毛)できるのは、配合されている「チオグリコール酸」の働きです。

「チオグリコール酸」は、ムダ毛のタンパク質を溶かす働きがある医薬成分です。

従って皮膚が弱い顔には使えません。
除毛クリームを顔の産毛・口周りやあごのヒゲ処理に使うのはNG(危険)です。

sponsorlink

女性・子供の顔の産毛・口周りやあごのヒゲ処理におすすめの方法

女性・子供の顔の産毛・口周りやあごのヒゲ処理におすすめの方法は、女性用シェーバーの利用です。

※女性用シェーバーについて詳しくは下記の記事をご参照ください。

女性用ムダ毛電気シェーバー[顔の産毛]フェイスシェーバーおすすめランキング

そして、女性用シェーバーで顔の産毛・口周りやあごのヒゲを処理した後、やって欲しいのが抑毛クリーム等の抑毛剤の塗布です。

抑毛剤とは?

”抑毛”クリーム等の抑毛剤は”除毛”クリームと異なり、「チオグリコール酸」は配合されていません。
※脱毛・除毛・抑毛の違いについて詳しくは下記の記事をご参照ください。

ムダ毛処理の方法[男性・女性]/脱毛・除毛・抑毛の違い【徹底解説】

抑毛剤には、女性ホルモンに似た働きを行う、ダイズエキス(イソフラボン)等が配合されており、男性優位の状態を女性優位の状態に変える効果が期待できます。

その結果、口周りやあごのヒゲが薄くなり、やがて、顔の産毛も生えにくくなります。

また、除毛剤には通常、保湿成分が配合されています。

抑毛剤の種類

抑毛剤には、クリーム・ローション・ジェル・石鹸がありますが、以下の特徴の違いがあります。

●抑毛クリーム:保湿力はあるが、べとつく。
●抑毛ローション:さっぱりした使用感だが、長時間保湿することはできない。
●抑毛ジェル:保湿力が高く、さっぱりした使用感。
●抑毛石鹸:抑毛成分が配合された石鹸です。基本的に全身に使えます。眉毛や髪についても問題ありません。

抑毛剤のどのタイプを選ぶかは、使用感と保湿力との兼ね合いになります。
※おすすめの抑毛剤は⇒【女性・子供用】顔の産毛・口周りやあごのヒゲ・ムダ毛処理[抑毛剤]おすすめ5選