話題の人気商品・サービス等の比較・選び方・おすすめランキングをご紹介します。

Trend Web

脱毛

女性でヒゲが濃い原因とヒゲ対策[処理・脱毛・薄くする方法]を徹底解説

更新日:

女性のヒゲとは、口周りやアゴの産毛のことで、これが濃く太くなることでヒゲに見えるのですが、最近、ヒゲがある女性(ヒゲ女/ヒゲジョ)が増えているようで、ヒゲの悩みを抱えている高校生女子も。
女性でヒゲが生えるのは何故でしょうか?
ヒゲ(口ひげ・あごひげ)が濃い女性のヒゲ対策とは?
女性の濃いヒゲの原因とヒゲ対策[処理・脱毛・薄くする方法]を徹底解説します。
「ヒゲ(口ひげ・あごひげ)が濃い」「ヒゲ(口ひげ・あごひげ)が太い」女性必見!

sponsorlink

女性でヒゲ(口ひげ・あごひげ)が濃い原因

女性で「ヒゲが濃い」「ヒゲが太い」原因には、先天的なもの(生まれつきの体質)と後天的要因による体質変化がありますが、ここでは後天的要因を取り上げます。

女性ヒゲ

女性で「ヒゲが濃い(口ひげ・あごひげ)」主な原因

女性で「ヒゲが濃い」主な原因は「ホルモンバランスの乱れ」です。

「ヒゲ」と言えば、男性のイメージが強いと思います。
これかも分かるように、「ヒゲ」は男性ホルモンの働きで生えます。

女性も口周りに産毛が生えていますが、通常は「ヒゲ」になりません。
それは女性ホルモン(エストロゲン)が男性ホルモンより優位だからです。

何らかの理由でホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優位になると、口周りの産毛の毛周期が伸び、産毛が長く(濃く、太く)成長します。
これがヒゲです。

女性の鼻毛や耳毛も原因はよく似ています。
▶鼻毛⇒鼻毛のおすすめ処理方法は?[男性・女性]ハサミ・鼻毛カッター・脱毛ワックス・レーザー・サロン【徹底解説】
▶耳毛⇒耳毛の処理方法【徹底解説】カッター・ハサミ・ワックス・脱毛クリーム・レーザー

では、ホルモンバランスが乱れる原因には何があるのでしょうか?

ホルモンバランスが乱れる原因

女性のホルモンバランスが乱れる原因には以下のものが考えられます。

●ストレス
●不摂生な食生活
●睡眠不足
●冷え
●加齢

ストレス

ホルモンバランスの乱れを起こす一番の要因がストレスです。

不摂生な食生活

偏食、インスタント食品の摂り過ぎ、食事制限のダイエットでの栄養不足等不摂生な食生活もホルモンバランスの乱れを起こす原因です。

睡眠不足

睡眠の量や質が低下すると、女性ホルモンの分泌が妨げられてしまう為、ホルモンバランスが乱れてヒゲが濃くなる可能性があります。

冷え

女性ホルモンは卵巣で作られます。
身体が冷えると卵巣の働きが落ち、女性ホルモンが作られにくくなります。

加齢

女性ホルモンの分泌量は20~40代でピークを迎え、その後は徐々に減っていきます。一方、男性ホルモンの分泌量は生涯を通してそれほど大きく変化しません。

結果、年齢と共に男性ホルモンが優位になりヒゲが濃くなる可能性があります。

女性のヒゲ対策

女性のヒゲが濃くなる理由は、ホルモンバランスが乱れです。
男性ホルモンが女性ホルモンより優位になることで口周りの産毛が濃くなりヒゲになります。

ホルモンバランスが乱れる原因には以下のものがありました。

●ストレス
●不摂生な食生活
●睡眠不足
●冷え
●加齢

女性のヒゲ対策とは、以上に対する対策となります。

ストレス

ストレス解消には様々な方法があります。

ストレスを貯めないコツは"気持ちの切替"ですが、中々、難しい面もあります。
リラックス効果のあるアロマ、CBDやサプリメントを利用するのが簡単です。
※CBDに関しては以下の記事に詳しいです。
CBDリキッドの効果・デメリット・吸い方・おすすめ高濃度CBDリキッド【徹底解説】
CBDオイル(oil)の効果・副作用・使い方・おすすめCBDオイル【徹底解説】

不摂生な食生活

不摂生な食生活が改めるの基本になります。

そして、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む食品を進んで摂取しましょう。

大豆イソフラボンは豆腐・納豆・味噌等の大豆製品に多く含まれます。

睡眠不足

仕事が忙しくて睡眠時間が不足がちと言う方には、昼寝が最適です。
但し、30分以内で。

物理的な睡眠不足以外に、「夜中々眠れない」、「眠りが浅い」、睡眠時間を取っても「朝、頭がスッキリしない」

冷え

日頃から冷たい食べ物や飲み物を好んで食べていませんか?
また、夏場に冷房を強くかけ過ぎていませんか?
さらに、湯船に浸からず、シャワーだけで済ませていませんか?

まずは、体を冷やす習慣を改める必要があります。

さらに、下半身の冷え対策では、足裏やふくらはぎのマッサージ、ウォーキング等で足の血行を良くする方法があります。

加齢

女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを含む食品を進んで摂取しましょう。

大豆イソフラボンは豆腐・納豆・味噌等の大豆製品に多く含まれます。

女性のヒゲの処理方法

女性のヒゲの処理には以下の方法が考えらます。

●毛抜き(ツィザー)で抜く
●カミソリで剃る
●女性用シェーバーで剃る
●産毛パックで抜く
●抑毛クリーム(ローション・ジェル)で抑毛
●エステ・クリニックで脱毛
●家庭用脱毛器で脱毛

女性のヒゲを毛抜き(ツィザー)で抜く

女性のヒゲに限らず、ムダ毛を抜くのはおすすめできる方法ではありません。
1本1本抜くのには時間がかかりますし、第一「痛い」です。

それだけでなく、以下の原因になることもあります。

●毛を抜く反動が毛穴を広げてたるみを作る。
●毛穴内部に与えるダメージによって炎症を起こしてしまい、ニキビや吹き出物が出来てしまう。

女性のヒゲをカミソリで剃る

女性のヒゲをカミソリで剃るのはオススメできる方法ではありません。
女性のヒゲに限らずムダ毛をカミソリで剃ると以下のデメリットがあります。

・肌が傷付きやすい。
・肌表面のバリア機能が失われてしまい、乾燥肌や敏感肌の原因に。
・毛が太くなる。

女性のヒゲを女性用シェーバーで剃る

毛抜きやカミソリに比べて安全な女性のヒゲ処理の方法は、女性用シェーバーの利用です。

電気シェーバと言えば、男性用の髭剃りが思い浮かびますが、男性と女性とではヒゲの質が違うので、女性用シェーバーはオススメです。

女性用シェーバーは基本的に全身のムダ毛を処理できません。
▶女性用シェーバーについて詳しくは⇒女性用ムダ毛電気シェーバー[顔の産毛]フェイスシェーバーおすすめランキング

女性のヒゲを産毛パックで抜く

口もとの産毛(うぶヒゲ)が気になる方に便利なのが産毛パックです。
但し、濃いヒゲには対応していません。

また、産毛パックの口コミが殆どないので、良し悪しの判断はつきにくいです。

女性のヒゲを抑毛クリーム(ローション・ジェル)で抑毛

抑毛クリーム(ローション・ジェル)は、ヒゲを女性用シェーバー等で処理した後に付けるのが効果的です。

抑毛クリーム等には、女性ホルモンに働きかけるイソフラボンやパイナップル酵素などの成分が含まれているものが多いです。

ムダ毛処理用の除毛クリーム等の除毛剤があり、除毛剤には「チオグリコール酸」が使われています。

「チオグリコール酸」はムダ毛のタンパク質を溶かす働きがある医薬成分です。
その為、除毛クリームは肌が敏感な顔やVIO等には使用できません。

顔やVIOのムダ毛処理には、抑毛クリーム等を使用します。

※脱毛・除毛・抑毛の違いについて詳しくは⇒ムダ毛処理の方法[男性・女性]/脱毛・除毛・抑毛の違い【徹底解説】

抑毛クリーム等を使用することで、男性ホルモン優位の状態を女性ホルモン優位の状態に持って行くことで、毛周期を短くし、女性のヒゲを薄くする効果が期待できます。

以下は、楽天[シェービング部門]ランキング1位のパイナップル豆乳ローションです。

▶抑毛剤について詳しくは⇒女性・子供用】顔の産毛・口周りやあごのヒゲ・ムダ毛処理[除毛剤]おすすめ5選

女性のヒゲ処理として、手軽にできるのが女性用シェーバーです。
しかし、脱毛しているわけではないので、ヒゲは伸びてきます。
ちょこちょこ処理が必要です。

ヒゲ処理が面倒だという方には、エステ・クリニックで脱毛がオススメです。
但し、永久脱毛はクリニックの医療脱毛になります。

女性のヒゲ処理:エステ・クリニックで脱毛

脱毛エステと脱毛クリニックの根本的な違いはレーザーの強さです。

脱毛クリニックはパワーが強い医療レーザーになります。
その為、何かあった時に対処できるよう医師が施術を行います。

パワーが強いので効果が高いです。
永久脱毛が出来るのは医療レーザーのみです。

脱毛エステと脱毛クリニックの相対的な違いは以下になります。

●レーザーの強さ:脱毛クリニック>脱毛エステサロン
●脱毛効果:脱毛クリニック>脱毛エステサロン
●回数:脱毛クリニック<脱毛エステサロン
●痛さ:脱毛クリニック>脱毛エステサロン
●費用:脱毛クリニック>脱毛エステサロン
※1回の費用は脱毛クリニックの方が高いですが、脱毛エステサロンは回数が必要なので、トータル的には同じか、脱毛クリニックの方が安くなります。

脱毛クリニック

脱毛クリニックは医療レーザー脱毛なので、「痛い」のが特徴です。
しかしながら、痛くない脱毛機器があるのはご存知ですか?

SHR(蓄熱)方式の医療レーザー脱毛は、痛みも少なく脱毛効果も高いと言われています。

以下の聖心美容クリニックでは、SHR(蓄熱)方式の医療レーザー脱毛が行なえます。

↓公式サイト↓
永久脱毛

※脱毛クリニックについて詳しくは別記事参照

脱毛エステサロン

脱毛エステサロンは多いですが、以下のDione(ディオーネ)は顔脱毛専用の脱毛サロンです。

しかも、「ほぼ痛みを感じない」ハイパースキン法を採用。
只今、脱毛体験キャンペーン[期間限定]を実施中です。

↓公式サイト↓

※脱毛エステサロンについて詳しくは別記事参照

女性のヒゲ処理:家庭用脱毛器

脱毛エステと脱毛クリニックは他の脱毛方法に比べ効果は高いですが、デメリットもあります。

●費用が高い。
●何回も通う必要がある。
※人気店舗は中々予約が取れないことも。
●痛い

「お金に余裕がない」「通う時間が取れない」「痛いのは嫌」といった方には不向きです。
※最も、「痛み」に関しては、前述のように痛みが少ない脱毛クリニックや脱毛エステサロンもあるので、一概に「痛い」とは言えなくなってきました。

そんな方にオススメなのが、家庭用脱毛器です。
家庭用脱毛器は、脱毛エステサロンよりもさらにパワーが弱い光脱毛です。

女性用シェーバー等でヒゲ(口ひげ・あごひげ)の処理を行いつつ、家庭用脱毛器を使う事で、毛根が弱り、ヒゲが薄くなるとともに、ヒゲが生えにくくなる効果が期待できます。

家庭用脱毛器は、ヒゲ(口ひげ・あごひげ)専用はなく、基本的に全身に使えますので、自宅で脱毛をお考えの方にはオススメです。

家庭用脱毛器と言えば、ケノンが有名です。

※家庭用脱毛器については別記事参照

-脱毛
-, , ,

Copyright© Trend Web , 2019 All Rights Reserved.