話題の人気商品・サービス等の比較・選び方・おすすめランキングをご紹介します。

Trend Web

ネット回線

光コラボレーション[新規・転用]とは?メリット・デメリットを徹底解説

投稿日:

光コラボレーション(光コラボ)は正確には光コラボレーションモデルのことです。
光コラボレーションを簡単に言うと、光回線(フレッツ光)とプロバイダーのセット販売です。
フレッツ光から光コラボレーションから乗り換えする事を転用と言いますが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?
また、光コラボレーション新規の場合のデメリット・メリットは?
光コラボレーションのメリット・デメリットを徹底解説します。
さらに、おすすめの光コラボレーションもご紹介します。

sponsorlink

光コラボレーションとは?

ネット回線を使うには、ネット回線とインターネットの接続会社(プロバイダー)が必要です。

ネット回線

NTTがフレッツ光を販売し始めた当初は、ネット回線のみの販売だったので、自分でプロバイダーと契約する必要がありました。

ただ、これってユーザーにとって面倒です。
何故なら、フレッツ光とプロバイダーの両方と個別に契約する必要があります。

この問題を解決するのが光コラボレーションです。

光コラボレーションとは、光コラボレーション事業者が、NTT東日本やNTT西日本から借り受けた光回線(フレッツ光)と、独自サービスを組み合わせて提供するサービスです。

簡単に言うと、光回線(フレッツ光)+プロバイダーのセット販売が光コラボレーションです。

これはau、ドコモ、ソフトバンクの回線を借りて、モバイルネット回線を提供している格安SIM業者=MVNO(仮想移動体通信事業者)と似た構造です。

フレッツ光=キャリア回線、プロバイダー=MVNO(仮想移動体通信事業者)と置き換えると分かりやすいと思います。

光コラボレーションの特徴は、名前が●●光となっている点です。
●●にはプロバイダー名が入ります。
ビッグローブ光、ソフトバンク光、@nifty光、ドコモ光などがあります。

次に光コラボレーションのメリットとデメリットを見ていきます。

光コラボレーションのメリット

光コラボレーションのメリットは以下の点です。

●契約が1つで済む(問い合わせ窓口も1つ)
●フレッツ光とプロバイダーを別々に契約するより料金が安い場合が多い。
●通信の品質はフレッツ光と変わらない。
●プロバイダーのキャンペーンがある。
※スマホのセット割がある場合も。

光コラボレーションのデメリット

いいいこと尽くめに思える光コラボレーションですが、デメリットもあります。

「速度が遅い」「ネットに繋がらない」

そして起きた問題が、混雑時に「速度が遅い」「ネットに繋がらない」という問題です。

それは、プロバイダーが積極的にPR活動をすることによってフレッツ光の普及が一気に進んだことが原因です。

これは格安SIMの抱える問題と似ています。

格安SIMも混雑時にネットに繋がりにくいという問題があります。
※MVNOによります。

光コラボレーションの普及に一躍かったのが光コラボレーションを扱う代理店の存在です。
光コラボの代理店には以下のメリットがあります。

代理店積極的にキャッシュバック等のキャンペーンを行っており、ユーザーは、自分にとって一番お得な代理店を選ぶことができます。

代理店が積極的にキャンペーンを行うのはユーザーにとって喜ばしいことですが、逆にデメリットもあります。

光コラボの代理店のデメリット

光コラボの代理店には以下のデメリットがあります。

●代理店が複数ある為、どの代理店を選ぶと得なのかを自分で調べる必要がある。
●さらに、光コラボレーションの公式サイトでもキャンペーンを行っているので、公式サイトと代理店のキャンペーンを比較検討する必要がある。
●また、代理店経由で契約する場合、申込は代理店、契約は光コラボのプロバイダーになる。

代理店を選ぶ時にキャンペーン(中でもキャッシュバックの大きさ)で選びがちですが、代理店によってキャッシュバックの方法が異なります。

オプション加入が条件になっていたり、キャッシュバックの受取が先で申込期間が短いなど、キャッシュバックを受け取りにくい代理店もあります。

そして、それよりも一番大きなデメリットは、悪質代理店の存在です。

悪質代理店の問題点

悪質代理店の特徴は勧誘電話が不適切な点です。
勧誘営業の「電話がしつここい」と評判です。

さらに、契約したさにいい加減なことしか言わないので、契約後に「話が違う」といったトラブルの元になります。

また、転用に必要な転用承認番号をユーザーから聞き出し、勝手に申し込みを行う業者もいます。
※転用及び転用承認番号については後述。

転用承認番号は、電話や訪問営業では教えないよう注意しましょう。

総務省も光コラボレーションの電話勧誘について注意喚起しています。

総務省からのお知らせ~光コラボレーションモデル不適切な電話勧誘にご注意下さい!

光コラボレーションの悪質代理店の評判を聞くと、「光コラボレーションは怪しい」と考えがちですが、光コラボレーションが怪しいのではなく、一部の代理店が悪質だということです。

光コラボレーションは悪質な代理店だけが取り扱っている訳ではありません。
勧誘電話のない代理店も沢山あります。
電話で勧誘してくる代理店は無視してネットで評判の良い代理店を選びましょう。

光コラボレーション転用メリット・デメリット

光コラボレーション転用とは?

「転用」とはフレッツ光とプロバイダーの個別契約から光コラボレーションに変更(乗り換え)することです。

光コラボレーション「転用」のメリット・デメリットを見ていきます。

光コラボレーション転用のメリット

光コラボレーション転用には以下のメリットがあります。

●契約と問い合わせを1本化できる。
●個別に契約するより料金が安くなることが多い。
●NTTのフレッツ光の違約金がかからない。
●切替が簡単⇒光回線の工事費が原則無料。
※同じ下り最大速度(例:1ギガ等)の場合です。
●プロバイダーによってスマホのセット割などお得な特典がある。

光コラボレーション転用のデメリット

●集合住宅(マンションタイプ)の場合は安くなるとは限らない。
●光コラボからフレッツ光に戻す場合は、新規扱い。
●転用は1回限り。再転用は出来ない。
●プロバイダーによっては速度が遅くなることがある。
●固定電話の番号は基本手的に引き継げる。但し、光コラボを解約する、または他の光回線に乗り換える場合は、その電話番号を引き継げない。
●契約期間はリセットされる。(0からスタート)

光コラボレーション転用の手続き

光コラボレーション転用の手続きの手続きは、携帯電話・スマホの乗り換えとよく似ています。

フレッツ光から光コラボレーションに転用するには、「転用承諾番号」の取得が必要です。

転用承諾番号とは、NTT東日本・NTT西日本から発行される専用手続きの番号で、転用のための予約番号(お客様ID)のようなもの。

「転用承諾番号」は電話でもインターネットからでも取得できますが、電話の方が直接不明な点を聞くことができるので電話での申込がオススメです。

光コラボレーションの申込時に、新規と転用を選ぶフォームがあるので、転用を選択します。

「転用承諾番号」はこの申込時に必要です。

光コラボレーションの選び方

光コラボレーションはフレット光とプロバイダーを別々に契約するより、メリットがはるかに大きいです。

但し、光コラボレーションは数多くありますので、どの光コラボを選べばよいのか悩むところです。

そこで、光コラボレーションの選び方のポイントをご紹介します。

●v6プラス対応プロバイダーを選ぶ
●スマホのセット割があるプロバイダーを選ぶ
●キャッシュバック等のキャンペーンで選ぶ

v6プラス対応プロバイダーを選ぶ

フレッツ光と光コラボレーションの光回線は通信の品質は同じと言いながら、光コラボレーションに転用したら、混雑時に「通信が遅くなる」「ネットに繋がらない」という口コミがあるのは何故でしょうか?

それは、通信方式がIPv4(PPPoE)であることが大きいです。
v6プラスだと、混雑時にも通信速度は落ちないので、快適なインターネットが楽しめます。
IPv4、v6プラスなどの通信方式について詳しくは⇒Pv4・IPv6・IPv4overIPv6・v6プラス/IPoE・PPPoEの違いを徹底解説

但し、v6プラス対応のプロバイダーは少ないです。
転用するなら、v6プラス対応のプロバイダーを選びましょう。
※v6プラス対応のプロバイダーは後述

スマホのセット割があるプロバイダーを選ぶ

●光コラボレーションのネットの月額基本料金は大体横並びです。
プロバイダーによっては、スマホのセット割等の割引キャンペーンがあるので、スマホをお使いの場合は、スマホのセット割があるプロバイダーを選びましょう。

キャッシュバック等のキャンペーンで選ぶ

光コラボレーションは公式サイト及び、代理店でも扱っています。
キャッシュバック等のキャンペーンの内容は各々ことなりますので、お得なキャンペーンがあるところで契約しましょう。

光コラボレーションのおすすめは?

以上を踏まえて、おすすめの光コラボレーションをご紹介します。
以下の光コラボレーションを選んだポイントは以下の3点です。

●v6プラス対応のプロバイダー
●スマホのセット割がある
●キャッシュバック等のキャンペーンがお得な公式サイトまたは代理店

キャリアのスマホをお持ちなら、断然、スマホ割があるプロバイダーと契約するとお得です。

総合的に判断して、以下のプロバイダーをおすすめします。

●auスマホユーザー⇒GMOとくとくBB(ドコモ光)
●ドコモスマホユーザー⇒BIGLOBE(ビッグローブ光)
●SoftBankスマホユーザー⇒Yahoo!BB(ソフトバンク光)

auスマホユーザーにおすすめの光コラボレーションは?

auスマホをご利用中の方におすすめの光コラボレーションはビッグローブ光です。

プロバイダーはv6プラス対応のBIGLOBEです。

ビッグローブ光を扱う代理店は複数ありますが、おすすめは、株式会社NNコミュニケーションズです。

キャンペーンでキャッシュバック25,000円か12,000円+v6プラス対応WiFiルーターを選択できます。

即ち、0円でv6プラス対応WiFiルーターを入手可能です。

有料オプション加入一切なしでもキャッシュバックの対象になります。しかも、最短2ヵ月で現金振込!

↓詳しくは↓

▶詳しくは⇒ビッグローブ光の料金・解約金・キャンペーン丸わかり~おすすめの代理店は?

ドコモスマホユーザーにおすすめの光コラボレーションは?

ドコモスマホをご利用中の方におすすめの光コラボレーションはドコモ光です。

プロバイダーはv6プラス対応のGMOとくとくBBです。

↓詳しくは↓

▶詳しくは⇒ドコモ光の料金・解約金・キャンペーン丸わかり~おすすめのプロバイダは?

ソフトバンクスマホユーザーにおすすめの光コラボレーションは?

SoftBankスマホをご利用中の方におすすめの光コラボレーションはソフトバンク光です。

プロバイダーv6プラス対応のYahoo!BBです。

ソフトバンク光を扱う代理店は複数ありますが、おすすめは株式会社アウンカンパニーです。

有料オプション加入一切なしでもキャッシュバックの対象になります。しかも、最短2ヵ月で現金振込!

↓詳しくは↓

▶詳しくは⇒ソフトバンク光の料金・解約金・キャンペーン丸わかり~おすすめ代理店は?

-ネット回線
-, ,

Copyright© Trend Web , 2019 All Rights Reserved.