互換インクカートリッジはメーカー純正インクカートリッジと比べて安いです。
通常価格の約半分のものもあります。
しかし、安いが故に「互換インクカートリッジは大丈夫?」という心配も。
「互換インク」と「純正インク」の違い、「互換インク」と「再生インク(リサイクルインク」の違い、「互換インク」のメリット・デメリットを分かり易く解説。
さらにおすすめの互換インクをご紹介致します。

互換インクカートリッジは大丈夫か?

そもそも、インクカートリッジとは、主に家庭用プリンターに装着するインクを収めた容器のこと。

ただ、メーカーの純正インクカートリッジは高いです。
そして、同じメーカーでもシリーズによってインクの品番が異なり、互換性がありません。

そこで、メーカーの純正インクカートリッジに比べて安い互換インクカートリッジの需要が高いです。

互換インクとは?
互換インクと再生インクの違い
互換インクのメリット・デメリット

互換インクとは?

互換インクカートリッジとは、キャノン等のプリンターメーカーが販売しているインク(通称:純正インク)と互換性がある新品のインクのこと。

メーカーが販売している純正インクを「正規品(純正品)」と呼ぶなら、互換インクは非正規品(非純正)となります。

互換インクと再生インクの違い

「互換インクカートリッジ」とよく似た言葉に「再生インクカートリッジ」があります。
「互換インク」と「再生インク」、何が違うのでしょうか?

「再生インク」は、メーカーの純正インクを回収して、インクを詰めたインクカートリッジのこと。
リサイクルインクと呼ばれることもある。

「再生インク」はメーカー品をリサイクルしてインクを詰めた言えば、中古品。
一方、「互換インク」は、メーカーのインクカートリッジに似せた新品です。

では、「互換インク」の「再生インク」とではどちらが良いのでしょうか?
これに関しては、後述する「インクカートリッジを認識しない」で触れます。

互換インクのメリット・デメリット

「互換インク」の最大のメリットは、メーカーの「純正インク」に比べて安い事です。
では、「互換インク」の方が良いではないかとなりますが、「互換インク」には、問題点(デメリット)もあります。

まず、当然と言えば当然ですが、プリンターメーカーは、「互換インク」や「再生インク(リサイサクルインク)」の使用を一切推奨していない。

それは、「互換インク」や「再生インク(リサイサクルインク)」が原因でプリンターが故障しても、メーカーでは補償対象外となる為です。

「互換インク」や「再生インク(リサイサクルインク)」の考えられる問題点(デメリット)に以下のものがあります。

インクカートリッジを認識しない
純正インクと印刷物の色合いが違う
プリンターが故障

インクカートリッジを認識しない

通常、インクカートリッジはインクの量が少なくなると、インクの交換を知らせるメッセージが表示されます。
その為には、まず、インクカートリッジをプリンターにセットした時にインクカートリッジが認識される必要があります。

プリンターがインクカートリッジを認識しない場合は、ICチップの接触不良などが可能性があるので、インクの挿し直し・プリンターの電源のオン・オフ・プリンターのICチップ読み取り部分の掃除などが有効です。

それでもインクカートリッジを認識しない場合は、インクカートリッジそのものが不良の場合があります。

これに関しては、キャノンは2017年9月に発売したインクカートリッジでインク残量を表示するICチップの仕様を変更しました。
その結果、インクを再注入してもプリンター上で「インクなし」と表示されるようになり、再生インク(リサイクルインクカートリッジ)を製造・販売する「エコリカ」が、リサイクル品を製造・販売できなくなったという事態が起こりました。

このことを受けて「エコリカ」はキャノンを相手取り、損害賠償などを求める訴えを準備しているとのことです。
(2020年10月25日朝日新聞の記事より)

「再生インク(リサイクルインク)」にはこのような問題が常にあるので、「互換インク」の方が安心と言えるかもしれません。

純正インクと印刷物の色合いが違う

「互換インク」の使用者の口コミに「純正インクと比べて色合いが違う」「色が薄い」という意見がたまにあります。

また、「互換インク」は”色あせ”し易いです。
長期保存には「純正インク」がおすすめです。

プリンターが故障

「プリンターが目詰まりした」「印刷できなくなった」などのトラブルは粗悪品の「互換インク」が原因です。

「互換インク」を使うなら、評判が良く、プリンター保証サービスのある業者から購入しましょう。

互換インク・再生インクと純正インクの値段の違い

「互換インク」「再生インク」は「純正インク」と比べて値段が安いの特長ですが、どのくらい値段に違いがあるのでしょうか?

現在、私が使用しているキャノン製「BCI-371XL+370XL」の6個セットの値段を比較してみました。
※「XL」は大容量サイズです。

純正インク
互換インク
リサイクルインク

純正インク

Canon 純正 インク カートリッジ BCI-351XL(BK/C/M/Y/GY)+BCI-350XL 6色マルチパック 大容量タイプ

●値段:楽天6,980円(税込)/Amazon7,180円(税込)/Yahoo!ショッピング:7,629円(税込)
※価格は変動します。

リサイクルインク

Amazonで販売されている非純正インクは「互換」とあっても「互換インク」ではなく、「リサイクルインク(再生インク)」です。

エコリカ

エコリカのシェアはインクカートリッジ市場全体で、キャノンやエプソン、ブラザーに続き、業界4番手と言われています。

エコリカ 【互換】[キャノン:BCI-371XL+370XL/6MP対応]エコリカリサイクルインクカートリッジ ECI-C371XL-6P

●値段:楽天4,125円(税込)/Amazon4,590円(税込)/Yahoo!ショッピング4,910円(税込)
※価格は変動します。
●万が一の呼称にプリンター修理代金保証

互換インク

Amazon

Amazonでは「互換」の表記があっても「リサイクルインク」です。
Amazonで「互換インク」は販売されていません。

インク革命

BCI-371XL(BK/C/M/Y/GY)+BCI-370XLPGBK(6色マルチパック大容量x2セット) キヤノン[Canon]互換インクカートリッジ

●値段:6色×2セット7,370円(税込)
●ICチップ付き!残量検知機能対応!
商品&プリンター保証
互換インク「インク革命」

インクナビ

インクナビのインクは、純正インク同様、正常稼動率99.9%です。
しかし、万一の場合は、インクもプリンタも保証しています。
インクはすぐ交換・すぐ返金、プリンタが故障した場合は、新品交換またはメーカー修理代を保証しています。

BCI-371XL+370XL/6MP6色セット

●値段:1セット4,767円(税込)
●プリンタ故障時:新品プリンタ提供 orプリンタ修理
互換インク「インクナビ」